忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
足立区行政書士/足立区の車庫証明/足立区の離婚協議書/足立区の遺言書作成/東京都足立区デイサービス(通所介護事業指定申請) 足立区小規模デイサービス開業・開設/事業所の平面図等作成/足立区(北千住・小菅・五反野・梅島・西新井・竹ノ塚・綾瀬・堀切・牛田・六町)・/足立区の建設業許可(経審)・経営事項審査申請・経営状況分析審査申請・建設工事等入札参加資格審査申請・電子証明書取得・建設業許可・建設業許可更新・建設業許可費用・建設業許可決算報告・足立区運送業許可・足立区産廃許可・足立区風俗営業許可・足立区飲食店営業許可・足立区深夜酒類提供飲食店営業届出・足立区離婚公正証書・足立区内容証明・足立区許可図面作成・足立区届出図面作成・女性行政書士・足立区の土地家屋調査士(北千住・小菅・五反野・梅島・西新井・竹ノ塚・綾瀬・堀切・牛田・六町)土地家屋調査士、建物登記費用・料金

皆様の大事な「家」は、きちんと登記されていますでしょうか?

実は、日本の中では登記がされていない(未登記)家に住まわれている方も、少なくありません。
 
通常は、家を建築(新 築)する場合には建築資金調達の融資先から担保設定の関係で手続きの概要を説明されるため、建物表題登記申請を忘れる事はありませんが、現金で新築住宅を 購入されるような場合には建物表題登記を申請することを忘れてしまっている場合が多いので、注意が必要です。
 
また、未登記のままの親の代の自宅を相続するような場合、その相続の時に初めて自宅が未登記であったと気づくことも多いんです。
そして、自宅を売却しようとした時に、家屋(建物)が未登記であった等。
 
自宅を新築されてから数年後に実は未登記であった事が判明した等。理由は、様々です。
いずれにしても、家屋(建物)が未登記であった場合には、建物表題登記が必要になります。
 
 
 
上記の「建物表題登記」・・・あまり、聞きなれない言葉かもしれませんね。
注文住宅・新築住宅・建売住宅等~住宅等(建物)を新築した場合に、新築による「建物表題登記」を申請しなければなりません。現金で新築住宅を購入されるような場合には、建物表題登記を申請することを忘れてしまいがちですから、気をつけて下さい。
通常は、建築資金の融資先から担保設定の関係で手続きの概要を説明されるので、建物表題登記申請を忘れる事はありませんが・・・。
 
 
新築による建物表題登記がなされますと、建物の登記事項として、所在・家屋番号・種類・構造・床面積・所有者の表示(住所・氏名等)があり、これらの事項が登記データへ記載・記録されます。
 
なぜ、この様な登記が 必要となるのでしょうか?それは、先程少しお話させて頂きましたが、この後に続く権利の登記を、どのような建物にするのかという、権利の客体(目的物)を 確定する必要があるからです。目的物がどこにあり、どのような建物で、誰が新築したのかが特定出来ないと、所有権の登記や抵当権等の登記もできなくなって しまいます。
 
新築による建物表題登記は、建物の完成後1ヶ月以内に申請することと、不動産登記法で定められています。この申請を怠った場合には10万円以下の過料に処せられます。
 
 
なお、新築住宅の建物表題登記は、建築工事開始から完成までの、どの段階で登記できるのでしょうか。
銀行の融資実行などの関係上、いち早く登記床面積を知りたい場合であっても、実際に建物の工事が一定の段階まで進んでいなければ登記はできません。工事が完全に完了している必要はありませんが、建物が「目的とする用途に供し得る状態」 になっていなければなりません。
具体的には、登記の対象建物が居宅であれば屋根や外壁によって外気から分断されており、実際に人が生活できるような環境が整っている必要があります。


業務内容 報酬額
建物表題登記  89,000円~
当サイトを、ご覧頂いた旨お伝え頂ければ、上記費用から5%お値引き致します。


土日・祝祭日も営業しております。(来所・電話・メール・FAXにて対応。)
 
PR
リンク
プロフィール
HN:
石川土地家屋調査士・行政書士・海事代理士事務所
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]